RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
カルシウムの吸収を助ける酢の働き



 昔から酢は、健康食品として知られ、新約聖書には、病人に水の代わりに酢を与えたという話があるほどです。
酢には、疲労回復の特効薬といわれるクエン酸をはじめ、酸味のもとになる60種類以上の有機酸が含まれます。また、酢に含まれる酢酸は、食品中のカルシウムを引き出し、吸収しやすい酢酸カルシウムにする作用があり、骨粗しょう症の予防や改善に効果を発揮してくれます。

骨粗しょう症対策として酢を食生活にうまく利用する方法をご紹介していきます。

たとえば、アジや秋刀魚、イワシといった青い背の魚は、健康に良いとわかっていても、あの特有の魚の臭みが苦手という方が多くいらっしゃいます。
そのよう方は、魚を煮る際に酢を少し加えてみましょう。魚の生臭みが消えるだけでなく、骨もやわらかくなり食べやすくしてくれます。また、揚げ物に酢をかけると油っぽさが消え、食欲がないときにお勧めです。

ワカサギやアジのマリネは、魚を骨ごと食べることからカルシウムを豊富に摂取できるし、魚のたんぱく質も豊富にとれます。
そして酢を用いることでカルシウムを効率よく摂取できるので、優れた「骨粗しょう症対策メニュー」といえます。
そのほか、りんご酢やワインビネガー(ぶどう酢)などの果実酢は、香りもいいので野菜ジュースに加えてみるといいでしょうね。
緑黄色野菜にはカルシウムが豊富に含まれています。野菜ジュースにして果実酢とはちみつを加え、毎朝、コップに1杯です。
健康な朝食メニューの出来上がりです。


 

author:atsp01, category:-, 11:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:10
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shirotoko.jugem.jp/trackback/6