RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
骨粗しょう症の治療

 骨粗しょう症については、食生活の見直しや運動、日光浴といった日々の生活を改善することで、予防および症状の更なる悪化を防ぐことが重要な対策となります。
 
しかし、もっと積極的な治療法はないのでしょうか?
 
急性の腰痛や背部痛に対しては、3週間ほどの安静と消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与によってある程度の軽減をはかります。
 
ただし、ある程度痛みが和らいだら、なるべく早くベッドを離れ、運動を始めるほうがよいでしょう。長く床を離れないでいると、筋肉が弱り、寝たきりになってしまいます。運動は、食品から摂取したカルシウムを骨に蓄積するのに重要な働きをします。
 
また、筋肉をきたえることは、骨折を防ぐことにもなるからです。安静を保ち続けるよりも、早々に運動を始めるほうが、骨量の減少を食い止めるのに良いのです。
 
軟性のコルセットをつけて、身体を固定し、支持すると痛みを軽減するのに役立ちます。
 
骨粗しょう症に対する薬物療法としては、カルシウム製剤や活性型ビタミンDの投与のほか、たんぱく同化ホルモン、カルシトニン製剤の投与がおこなわれます。骨量を増加させたり、カルシウムの骨への沈着を促すことが目的です。しかし骨量の増加どころか、現状維持をするだけでもなかなか難しいのが現実です。
 
若いうちから極力、カルシウムの摂取、運動のし、適度の日光浴もして、骨粗しょう症予防に取り組むことはとても大切な事です。
 
 
author:atsp01, category:-, 20:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:21
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shirotoko.jugem.jp/trackback/23