RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
骨粗しょう症予備軍

人は高齢になると、骨がもろくなり腰が曲がったり骨折しやすくなり、これが「骨粗しょう症」という病気です。
以前は、40歳以上の中高年者、特に50歳以上の、閉経後の女性に多くみられる病気でした。
 
ところが近年、骨粗しょう症および、その予備軍の若い女性が増えていることが調査により明らかになっています。
人間の骨量は、乳児期から成長期にかけてぐんぐんと増加し、成人期にピークを迎えます。このときの骨量を最大骨量「ポーク・ボーン・マス」といいます。その後、中高年になると骨量は徐々に下降線をたどりはじめます(なかには、そのまま維持できる人もいます!)。
 
ところが近年、20歳前後の若い女性の5人に1人に、早々と骨量の減少がみとめられ、ゆくゆくは骨粗しょう症になるであろう「骨粗しょう症予備軍」が増えているのです。
 
この現象の原因は、若い女性の食生活をはじめとする生活全般の変化、乱れがあります。
正確には、幼少期から青年期にかけての本来ならば、どんどん骨量を増やさなければならなかったはずの年代にファーストフードや加工食品を食べ、カルシウムを充分に摂取してこなかったことが大きく影響しているといえるでしょう。
 
そして過度なダイエットがこれに拍車をかけてしまいます。
無理なダイエットで生理が止まると、閉経後に訪れるはずのホルモンの変化が早々と襲ってくるのです。
そして骨量がどんどん減っていきます。


author:atsp01, category:-, 12:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shirotoko.jugem.jp/trackback/21