RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
豆腐とカルシウム

ここに本文を記入してください。
 大豆や大豆食品はカルシウムが豊富な食材です。
大豆食品のなかでも特に豆腐は、食物繊維以外の大豆の栄養価と効力をそっくり受け継いでいますが、それだけでなくそれが消化、吸収されやすい形になっていることから、よりいっそう効力アップした理想的な食品です。
 
豆腐の主成分は植物性たんぱく質です。植物性のたんぱく質は、肉や魚といった動物性たんぱく質と比較して消化吸収が悪いのですが、豆腐の場合は、消化吸収が非常によく、95パーセントという高さで無駄なく吸収されます。また、豆腐のうれしいところは、どのような食品とも相性ばっちり!ということでしょう。豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・なんでもよく合いますし、大豆のたんぱく質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質の良いたんぱく質を摂取することができます。
 
大豆製品はいずれもカルシウムが豊富に含まれています。
豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐があります。料理やそれぞれのお好みに合わせて使い分けると良いでしょう。大豆製品はいずれもカルシウムが豊富に含まれています。大豆はもちろん、豆腐、がんもどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆などいろいろな形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにしましょう。
 
たとえば、お豆腐とほうれん草のグラタンはどうですか? 
豆腐にチーズが加わることで、カルシウムは一段をアップします。
またほうれん草にもカルシウムは豊富に含まれています。
まさに理想的な「骨粗しょう症対策メニュー」と言えるでしょう。ただ、ほうれん草に含まれるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きがあるので下ゆでしてから利用してください。


author:atsp01, category:-, 13:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:27
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shirotoko.jugem.jp/trackback/20