RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
チーズのカルシウム



 チーズは、牛乳の優れた栄養素が濃縮された発酵食品です。
乳酸菌や酵素によって牛乳のカルシウムやたんぱく質が消化のよい形になっています。

チーズに含まれる乳酸菌は、腸内で有害な物質を作り出す悪玉菌を減らし、腸の働きを良好に保つ働きがあります。またチーズでは、牛乳のラクターゼが乳酸菌によって一部分解されていることから、牛乳が苦手な方や、牛乳を飲むとどうもおなかを壊す・・・という方でも、安心して召し上がっていただけます。
 
また、「乳糖不耐症」といって、生まれながらに乳頭を消化する酵素が備わっていない人がいます。そのような方は、チーズという形で乳製品をとるようにしてみましょう! 
牛乳の栄養が凝縮されていますから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率よく栄養を摂取することが出来ます。

また、チーズのカルシウムは、たんぱく質と結びついており、牛乳のまま飲むよりも消化がいいです。またカルシウムと同様、骨や歯の形成に不可欠とされるリンも含まれていることから、骨粗しょう症対策には理想的な食品のひとつといえます。

ナチュラルチーズには、カッテージチーズやクリームチーズなど、熟成しないタイプのものと、カマンベールチーズなどの熟成させるタイプのものなど、いろいろな種類があり、人によって好みが別れます。
またナチュラルチーズを加熱成型したのが、プロセスチーズです。そのまま食べるのもおいしいですが、サラダに加えたり、お料理に加えると無理なく食事に取り入れることができます。

 

author:atsp01, category:-, 09:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:38
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shirotoko.jugem.jp/trackback/13